「くるりくらの森の音楽会」は親子で自然の中でリラックスした時間を過ごしてほしいというのが大きな目的です。

おうちの中では、何かと忙しいお母さん。一緒に家にいても、やっていることはバラバラだったり。休日というとショッピングモールへお出かけ・・・なんておうちも多いと思います。せっかく秋田のいるのだから、自然の中でのリラックスした時間を、たくさんの親子に過ごしてほしい。できれば、妊娠前から・・・。

 助産師(http://ameblo.jp/ishiokajosanin/)をしていて、日々感じるのは、デジタル化している私たち子育て世代の出産力や育児力の低下です。あまりに自然の中ですごす時間が少なく、自然のリズムやもともと持っている体の機能や感覚も低下しています。それが出産や育児をたいへんにしているなぁと感じます。

 若い世代が少しでも、自然の木々に囲まれた空間でデジタルな社会から解き放たれてリラックスする時間を過ごせるように。そんなきっかけがたくさん増えたら・・・そんなことを思っているとき、森の中で親子が切り株に座ってギターの弾き語りを聴いている音楽会の映像を見ました。「これを秋田でやりたい!」直感的にそう思いました。

 友人の「空の木Garden」主催の柴田うつぎさんにその話をしたところ、「やろうやろう!」とイメージをいち早く理解してくれて、「くるりくらの森の音楽会」が動き出しました。

夫の石岡大輔から輪茶フェス(http://watcha.michikusa.jp/)のノウハウをいろいろ伝授してもらいながら、実際の運営を進めていきました。お友達や家族に協力していただいて、今年も2回目開催へと準備が進んでいます。

 

 子どもの頃の記憶というのは、頭の中に映像として残ります。子供が大きくなって親となった時、その映像がチラチラとよみがえり、自分自身の子育ての無意識のお手本となります。そんな、子供が大人になった時に脳裏に残る子供時代の楽しい記憶として、親子でリラックスした環境で思い切り遊んだな!という記憶をたくさん残してあげたいですね。

「くるりくらの森の音楽会」は、そんなリラックスした親子時間の1ページのお手伝いになるといいな♪と思っています。

 

皆さま、615日は「くるりくらの森」で、楽しい日曜日をおすごしください♪

 

石岡真理子(いしおか助産院・輪茶)